headband

ハイスピードプラスエリアモードっていったい何?

ハイスピードプラスエリアモードの説明をする前に、まずはハイスピードエリアモードの説明をしたいと思います。

ハイスピードエリアモードはWIMAX2+の電波帯を使用するWIMAXのサービスとなります。

WIMAXの電波帯よりも格段に通信速度が速いため、より快適な通信環境となります。

そのサービスにプラスして行われるのが、ハイスピードプラスエリアモードです。

WIMAX2+の電波が利用できない時に【au 4G LTE】の電波帯が使用できるハイスピードプラスエリアモードにきりかえます。

そうすると、WIMAX2+ではWi-Fiを利用できなかったとしても、au 4G LTEの電波ならWi-Fiを利用できます。

そのためWIMAX2+を利用できない時でも。サクサクと快適な通信環境にできるわけです。

なぜこのようなことになるかというと、単純にWIMAX2+が利用できるエリアよりもau 4G LTEが利用できる範囲のほうが広いということです。

ただこの便利なサービスにも注意する点がありますので、紹介していきたいと思います。

一点目は、別料金がかかるという点です。自分が契約していない電波帯を使うので当たり前の話なんですけど、一回使用してしまうとその月に基本使用料金にプラスされて、1005円支払わなければなりません。

一回でも使用したら料金を支払わなければいけないので一度使ったらどんどん使ったほうがいいのかなと思う人がいるかもしれませんが、決してそうゆうわけではありません。

それが注意点二つ目です。

WIMAX2+を使用するハイスピードエリアモードでは、月単位では通信制限がかかりません。(このサービスをギガホーダイといいます。)

しかし、ハイスピードプラスエリアモードでは月単位で7GBの制約がかかります。

一度通信容量をオーバーしてしまうと通信制限がかかります。これはハイスピードエリアモードの通信無制限のほうも通信制限がかかります。

しかもこの通信制限はかなり通信速度が遅くなります。

もうほぼネットが使えないといってもいいくらいです。

広域エリアをカバーできるハイスピードプラスエリアモードですが、こういったリスクを考えるとできるだけ緊急時にサービスを利用するくらいのほうがいいかもしれませんね。

pagetop