headband

モバイルルーター解約の注意点

スマホの通信速度制限がかかったとしても、モバイルルーターさえ持っていれば、Wi-Fiを利用できるため、さくさくスマホを使用できるので便利ですよね。

ただ、そのモバイルルーターを使用し続けることができればいいんですけど、古いモデルになって新しいモデルにしたいからいったん解約しようとか、もうモバイルルーターを使用しなくなったから解約しようとかする人が絶対にいると思います。

そんな人は解約するルールをちゃんと把握していますか?

把握していないと思わぬ料金を請求されるかもしれないので注意が必要です。

今回は解約に際しての注意事項を紹介していきたいと思います。

注意点その1は解約にするにあたって、≪けっこう高額な契約解約料がかかる≫ということです。

ほかにもプランによってはルーター端末代金を請求されることもあります。

この契約解約料は契約して解約するまでの期間で料金が変わるので確認しておくことをおすすめします。

例えば、

半年以内で解約してしまうと3万円以上請求されることもあるそうです。

契約解約料を請求されないようにするには、契約期間が2年ないし3年経過するのを待ってから解約するしかありません。

なので契約するときに、本当に月々基本使用料を払い続けることができるのか、近々もっと機能が良い機種が発売される可能性はないか、いろいろと考えてから契約したほうがいいです。

ただ契約期間が満了したからといって、契約解約料を支払う可能性がゼロになるかというとそうではありません。

注意点その2は、≪契約解約料がかからないのは、契約期間が満了してから1か月しかない≫ということです。

1日でも過ぎたら解約料を支払わなければなりません。

ここが大きな落とし穴となっていますし、勘違いしやすいポイントとなっております。

そのためにも、きちんと契約した月を覚えているようにしましょう。

また覚えてなかったとしても、契約内容はすぐに確認できるようになっています。

きちんと確認しておきましょう。

月々支払っていると、契約した内容やその期間を忘れてしまうことは多いですよね。

解約に関して気をつけることが多いので、自分の契約プランはちゃんと把握しておきましょう。

pagetop