headband

ポケットWi-Fiで位置情報が確認できるんです

ポケットWi-Fi。転じて、モバイルルーターはどこでも持ち運べる電子機器として便利です。

登場している機種には、GPS機能がついているものもあります。

でも、GPS機能がついていないでも、位置情報を把握することができるんです。

一体なぜなんでしょうか?そちらを見ていきましょう。

Wi-Fiのアクセスポイントを利用しよう

一般的に、位置情報というと、頭に思い浮かべるのは、『GPS』ですね。

GPSというのは、グローバル・ポジショニング・システム」の略で人口衛星を使ったシステムになります。

24時間どこでも位置を特定することができるので、非常に便利な機能として有名ですね。

機種によっては、ポケットWi-FiでもGPS機能が付いたものもありますが、実は、Wi-Fiのアクセスポイント情報を利用することで、現在地を割り出すことが可能です。

Wi-Fiをはじめとする無線LANは電波を受信する際に位置情報を発信します。

これを利用して、ある程度の位置を特定することが可能になるのです。

う〜ん、なんかよくわからない。

Wi-Fiは無線です。そして無線の電波を受信しています。

その電波がどこで受信されたのか?それが分かれば、大よその現在位置を特定することが出来るのです。

ようはWi-Fiの端末が、受信した信号をネット経由で問い合わせるということになります。

現在では位置情報を認識するためのアプリなども登場しているので、合わせて使用してみるといいかもしれません。

注意点もあります

おおよその現在地を調べることが可能だということは分かりました。

でも、GPSのように細かく正確にそして、リアルタイムに位置情報がつかめるわけではありません。

時間差があるんですね。

また、郊外などのアクセスポイントが少ないエリアになると、現在地を特定することが難しくなります。

さらにもう1つ注意点。

それは車や自転車などで移動している場合です。

移動中に正確に位置情報を把握するに為には、やはりGPSが付いたポケットWi-Fiを使うべきでしょう。

pagetop